無料メルマガ登録はこちら

「あなた」に向けて書くこと!

こんにちは、みじんこです。

今回は「画面の向こうのたった1人に向けて記事を書こう」というお話をします。

ポイントはユーザーさんがたった1人になるまで絞り込むこと

あなたはこんな文章書いたことありませんか?

無料で鬼滅の刃が観たいと思っている方におすすめなのがユーネクスト。

ユーネクストはなつかしアニメや新作アニメも観れちゃいます。

皆さんも鬼滅の刃を観るならユーネクストにぜひ加入してみてくださいね。

文章としては成立してますが、ブログ的にはNGなポイントがいくつかあります。

NGポイントを修正しつつ改良したのが↓の文章。

「無料で鬼滅の刃を観る方法ないかな…?」

そんなあなたにおすすめなのがユーネクスト。

鬼滅の刃だけでなくあのなつかしアニメや新作アニメも観れちゃいます。

あなたも鬼滅の刃を観るならユーネクストにぜひ加入してみてくださいね。

どうでしょう?

なんだか良くなってますよね。

 

なぜ前述の文章が駄目なのか?

1番のNGポイントは「大勢の人に向けて記事を書いているから」です。

 

一見、大勢の人に向けて書くと多くのユーザーさんが読んでくれるように思いますね。

しかしそれは間違いです。

 

むしろたった1人に向けて書く方が多くのユーザーさんに記事を読んでもらえます。

想像してみてください。

 

「リンゴダイエットおすすめだよー!」

といろんな人に声をかけるのと、

「リンゴダイエットは30代の子持ち主婦のあなたにおすすめですよ」

と声をかけるのと、どっちが惹かれるでしょうか?

当然、後者ですよね。

 

このように、記事を読んでくれるユーザーさんがたった1人になるまで絞り込むことでより多くのユーザーさんに記事を読んでもらえます。

画面の向こうのたった1人を振り向かせるテクニック2つ

画面の向こうのたった1人のユーザーさんが記事を読んでくれるテクニックは以下の2つになります。

1)皆さん→あなた
2)ターゲットを絞る

ひとつずつ説明します。

1)皆さん→あなた

1番簡単なテクニックは「皆さん」と呼ぶのではなく「あなた」と呼ぶことです。

 

皆さんと呼ぶと

「私のことじゃないな」

と思われてしまいますが、あなたと呼ぶことで

「あれ、私のことかな?」

と興味を持ってもらえます。

2)ターゲットを絞る

ターゲットを絞るとその限定したユーザーさんに深く刺さる文章が書けます。

 

例えばリンゴダイエットをおすすめするなら

  • とにかく簡単に痩せる方法が知りたい
  • お金も時間もかからないダイエットが知りたい

といった人に向けて記事を書くと◎。

 

さらに男性に向けて書くのか?女性に向けて書くのか?などターゲットが具体的であればあるほど
ユーザーさんは興味を持ちます。

 

ここまでで理解できたでしょうか?

 

テクニックももちろん大事ですが、もっと大切なのは相手のことを考えて文章を書くこと!

覚えておいてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

=メルマガ新規読者募集中=

新規登録いただいた読者様にはキーワード選定の基本マニュアルプレゼント中!

メルマガ登録はこちら

この記事が参考になりましたらポチッと応援お願いします(*^^*)


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました