無料メルマガ登録はこちら

リライトは重要ですよ~!

こんにちは、みじんこです。

今回は「リライトの重要性」についてお話をします。

記事を書いて終わり…ではない!

あなたは

「記事を書いてハイ終わり!」

なんてことしてませんか?

 

それってとってももったいないです!

 

なぜリライトをする必要があるかというと、

記事のクリック率が1位と10位では雲泥の差があるからです。

 

ではすべての記事をリライトする必要があるかというとそうではありません。

 

目安としては検索結果2ページ目にある記事と検索結果1ページ目にある記事。

前者はリライトすれば検索結果1ページ目を十分狙えます。

後者は絶対にリライトすべき記事です。

 

なぜならリライト次第で検索上位を狙うことができるから。

 

優先順位は後者>前者ですが、どちらも大事な稼げる記事なので必ずリライトしてください。

リライトで気をつけたい項目5つ

リライトする際に気をつけたい5つの項目が以下になります。

  1. 体験談を足す
  2. 情報が最新かどうか
  3. 更新した日付を付け足す
  4. 上位サイトのコピペは禁止
  5. 内部リンクは適切な量と位置であるか

1)体験談を足す

体験談とは自分が実際に経験したことの話です。

 

例えば

「コンビニ ファックス 送り方 セブン」

という4語キーワードで記事が上位表示されたら

  • ファックスの送り方の話
  • 送ろうとして苦労した話
  • 店員さんにやり方を聞いてみた話

などについて実際にやったことを書き足すんです。

架空の話はバレたら信用が落ちるのでやめましょう。

2)情報が最新かどうか

古い情報をそのままにしているとユーザーさんはすぐに離脱してしまいます。

離脱率が上がるとブログの評価が下がり記事の検索結果も下がります。

常に最新の情報を書いておきましょう。

3)更新した日付を付け足す

情報を更新したらその情報の近くに更新した日付を書き足すというのも有効な手です。

そうすればどこが新しくなっているのか一目瞭然ですからね。

全体的に情報を更新したら記事ごと日付を変えるのもありです。

4)上位サイトのコピペは禁止

自分の記事より上位表示されている記事のコピペは絶対にやめましょう。

上位サイトのコピペをしたところで結局は上位サイトの上位にはなれません。

それどころか記事の評価が下がりかねません。

リライトするなら「上位サイトにはない情報」を書き足しましょう。

5)内部リンクは適切な量と位置であるか

内部リンクは大切です。

ですが、ただリンクさせるだけでは効果はありません。

 

それどころかまったく関連性のない記事同士をリンクさせると

「記事内容と関係ないじゃん」

と離脱される原因にもなってしまいます。

 

内部リンクは適切な量と位置におきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
=メルマガ新規読者募集中=

新規登録いただいた読者様にはキーワード選定の基本マニュアルプレゼント中!

メルマガ登録はこちら

この記事が参考になりましたらポチッと応援お願いします(*^^*)


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました